収益物件は様々な物件が存在している|住居系と事務所系とテナント系

空室にならない物件を選ぶ

一軒家

収益物件を購入するうえで、空室率は切っても切り離せないものです。空室になりにくい物件を購入することが、安定した収益を得るための一番の近道です。空室になりにくい物件とはどのような物件のことを言うのでしょうか。

詳細

利回りを考える

コインと模型

収益物件を語る上では、利回りというものは欠かせない要素です。利回りとは、費用と利益を計算して、どれだけの利益率があげられるかという数値です。利回りにも数種類あって、それぞれの数値を複合的に判断することが大切です。

詳細

優良な物件探し

集合住宅

優良な収益物件を探すためには、優良な専門業者を見つけることが大切です。優良な専門業者に出くわすことができれば、物件の購入だけでなく、収益物件に関わるさまざまな疑問や相談事などにも親身になってのってくれます。

詳細

どんな物件があるかを知る

紙幣と電卓

物件のさまざまな種類

収益物件とは、家賃収入などで収益を得ることができる物件のことを言います。収益物件を購入する際、いかに安定した収益を得られるかが購入のポイントになります。収益物件と言っても、物件にはさまざまな種類があります。具体的には、住居系、事務所系、それからテナント系の3種類に分けられます。住居系は、いわゆる一般的な収益物件で、一般のアパートやマンションなどのことを指します。もっともポピュラーな収益物件なので、初心者向けの物件だと言えます。事務所系は、オフィス用の物件のことです。住居系との違いとしては、借り手が個人ではなく法人であるケースが多い点です。テナント系は、お店や倉庫などの物件です。飲食店やショップなどの店舗などが代表的です。

どの種類が良いのか

住居系と事務所系とテナント系と、それぞれにそれぞれの特徴があります。どの収益物件を選んだら良いか、まずは自分の力量と経験を基に考えて行きましょう。最も無難なのは住居系の物件です。購入価格が手ごろで、しかも種類が豊富なのが特徴です。不動産の投資に慣れていないという人は、住居系の収益物件は良い手慣らしになるかもしれません。一方、事務所系の物件はより長期的な安定収益を見込めます。法人に貸し出しをすることになりますが、法人は賃貸期間が長期に及ぶことが一般的です。そのため、安定して収益を得ることができます。テナント系の収益物件はどうでしょうか。テナント系も事務所系と同じように長期にわたる安定した収益を得られるでしょう。ただ、テナントが閉鎖してしまったときは、次のテナントが決まるまで時間が空いてしまうこともあるため、どちらかといえば上級者向けの収益物件と言えるかもしれません。