収益物件は様々な物件が存在している|住居系と事務所系とテナント系

利回りを考える

コインと模型

利回りとは

収益物件には、必ず利回りという基準が設けられているものです。利回りの多寡によって、その収益物件の価値が決められると言っても言い過ぎではありません。ところで、この利回りとはどういうものなのでしょうか。端的に言えば、投資したお金に対して利益がどのくらいあるのかということです。収益物件を購入する場合、購入した費用と得られる収益を比べた際、収益がどのくらい費用を上回るのかというのを数値化したのが利回りです。この利回りが高ければ高いほど、より収益が見込めるということになります。ただ、利回りにもいくつか種類があって、たとえば表面利回りや実質利回りなどの違いがあります。それぞれの利回りをよく精査したうえで、購入する検討しましょう。

それぞれの利回りの違い

利回りには主に3つの種類があります。収益物件の利回りを見る際、一つだけの利回りではなく、この3つの利回りを総合的に見ることが大切です。1つ目の利回りは、表面利回りです。表面利回りは大まかな利回りのことであり、販売図面に良く記載されている数値です。ただ、大まかな収益の指標に過ぎないため、実際の利回りとは数値が離れていることもあるため注意が必要です。それから想定利回りというのもあります。これは空室などがある収益物件を賃貸した場合、どれだけの利回りが期待できるかの想定値です。あくまで想定なので、全面的に信じすぎず、冷静な目で見ることが大切です。最後に実質利回りです。実質利回りは、実際にかかった税金や諸経費などを上乗せして計算された利回りのことで、最も正確な利回りだと言えます。表面利回りだけで判断するのではなく、この実質利回りを参考にして検討すると、失敗するリスクも軽減できます。